G-Mailの取得方法『図解入り』

フリーアドレスの取得『G-Mailの場合』

では、アフィリエイト作業で何度も取得することがある、
G-Mailの取得方法を説明していきます。

 

簡単な作業ですので、一度覚えてしまえば後は流れ作業的に
行うことが出来るようになりますので、ここで覚えてしまいましょう。

 

まず、検索エンジンで「G-Mailアカウントを作成」と検索すると、
一番上に出てくるサイトをクリックします。

 

こちらからでも飛べます。⇒gmailアカウント作成

 

 

そのサイトをクリックすると、上の画像のような画面になりますので、
必要事項をすべて入力していきます。

 

入力するのは以下の項目です。

 

・名前
・ユーザー名を選択
・パスワードを作成
・パスワードを再入力
・誕生日
・性別
・携帯電話
・現在のメールアドレス
・ロボットによる登録でないことを証明
・国/地域
・Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します。

 

入力が終わりましたら、規約を読んで問題なければ規約に同意して
次のステップに進みます。

 

 

この画面になったら、G-MAilの取得は完了です。
ここで写真を追加することも可能です。

 

写真は任意ですので、ここでは飛ばして先に進みます。

 

「次のステップ」をクリックします。

 

 

この画面で取得したアドレスを確認することが出来ます。

 

取得したアドレスとパスワードは忘れないようにメモを取っておきましょう。
メモを取り終えたら「開始する」をクリックします。

 

 

次にアカウントの詳細がわかるページになります。
ここで、プロフィールの編集が可能です。
アフィリエイトで使うメールアドレスのプロフィールをすべて入力していると
時間の無駄になりかねませんので、
特に問題がなければ入力はしなくても大丈夫だと思います。

 

では、次にメールの確認方法の説明をしていきます。

 

まず、Googleにログインする必要がありますので、
Googleのトップ画面を開きます。

 

Yahoo!を使っている方は検索窓に「Google」と入れて検索をします。
そうすると、一番上に「Google」がきていると思いますので、そちらをクリックします。

 

クリックすると、この画面が開かれると思うので、
右上の「ログイン」をクリックします。

 

 

ログイン画面になりますので、先ほど取得した
メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

 

これで、Googleにログインすることができました。
G-Mailを確認するには、右上の「Gmail」をクリックします。

 

 

これで、G-Mailが届いたらここから確認が出来るようになりました。

 

 

また、Gmailアカウントが増えてくると、いちいちログインするのが面倒になってきますので、
パスワードを一括管理することが出来る

 

「Lastpass」という無料ツールを入れておくと便利です。

 

LastPass(ラストパス)はインターネットサイトの
ログイン情報やフォーム入力データを記憶して自動入力してくれる便利ツールです。

 

 

Lastpassはこちらから

 

また、無料のメールソフトの「サンダーバード」も便利ですので、
アカウントが増えてきたら取り入れてみてください。

 

サンダーバードを使うと、取得したメールアドレスが一度に同じ画面で表示することが出来ます。

 

 

Thunderbirdはこちらから

 

G-Mailの取得に関する説明は以上です。
わかりましたでしょうか?

 

もしもわからないことがあれば遠慮せずに、お問い合わせください。